Loading...

重視して塗りたい箇所

日焼け止めは肌という肌には塗っておきたいものです。衣服によって隠れている個所は太陽光を遮ることとなるので塗らない方も多いものですが、肌が露出している個所に関してはキチンとケアしておきましょう。また、全身の中でも特に念入りなサポートを考えておきたいと言われるのがクビの後ろ側です。

無論、個人差があることなのでそのほかの場所を気をつけたほうが良い方もたくさんいますが、一般論としてはクビの後ろ側は肌が弱いと言われています。手足などは普段から刺激を受けている個所なので肌に関してもある程度は強いわけですが、クビの後ろ側ともなると普段はほとんど刺激を受けない箇所となっています。

そのため、ここに紫外線が当たり、日焼けをするとなると即座に赤みが生じたり、痛みを伴うような日焼けに発展してしまうこともあるのです。もちろん、しばらくすればこうした痛みが消えることがほとんどですが、そうは言っても最初からケアしておくのが一番ですから、このようなポイントに関しては念入りにケアしておきましょう。そのほか自分自身で日頃から刺激に弱いと感じるような箇所がある場合には、その場所を外出の前にしっかりと日焼け対策しておきましょう。